ステージ4でも諦めない|癌治療はここまで進化している

どのような病気か

看護師

潰瘍性大腸炎は50代や60代に多く見られる病を言います。近年は下痢を繰り返す若い世代にもみられ、患者も徐々に増えている状況です。治療法もいくつかありますので早急に取り掛かりましょう。

More Detail

どのような治療があるのか

入院

ステージ4と言い渡されると誰もが絶望的だと涙を流します。癌のステージが進むと医師から出る言葉は余命でしょう。特にステージ4は全身に転移しているため、手の施しようがないと判断されるのが普通です。しかし諦めるのはまだ早いです。ステージ4と診断された患者が今も尚元気に生活をしているので、希望を捨てずに今できる治療法使えば病気に打ち勝つことができるのです。

癌の治療で大切なのは諦めないことです。また、強い気持ちがあれば長期に渡る治療で癌細胞を消滅させることができます。そのためには、癌に効く治療法を使わないといけません。代表的なのは手術でしょう。大きくなった腫瘍は抗がん剤治療よりも切除した方が転移を防げます。また、完治する可能性が高いのも手術になるため多くの癌患者が選定する治療法です。抗がん剤治療は、血液を使って全身に薬を巡らせることで広範囲に広がった癌細胞を消していきますが、副作用が生じるため辛い闘病生活を送ることになります。しかし、放射線療法だと手術や抗がん剤治療がなくても腫瘍を小さくできるため負担は抗がん剤よりも軽減されます。近年は、人の治癒力を活かした免疫療法が癌の克服に繋がるとして大きな話題を呼んでいます。副作用で髪の毛が抜けることがないため、他の方法よりも理想形だといえます。ステージ4になると臓器にあらゆる箇所に癌があります。そのため諦める患者が大半だったのですが転移した癌1つ1つを潰していくことで完治が望めます。また上記のように沢山の治療法がありますから完治すると信じて専念すべきといえるでしょう。

病気には種類がある

ハートを持つ医者

骨肉腫とは10代に多い病です。スポーツで体を動かす少年に多いイメージがありますが、近年は成人にも見られる病気です。症状や病気の種類がありますので今後の治療へ役立てていきましょう。

More Detail

前兆を見逃さない

病院

心筋梗塞は生活習慣病の1つです。普段の食生活で発症するので、健康診断の結果が悪かった人は見直しをしましょう。命に関わる病なので、前兆を見逃さないことも命の危機を回避するポイントです。

More Detail