ステージ4でも諦めない|癌治療はここまで進化している

前兆を見逃さない

病院

軽度の心筋梗塞で入院した女優もいますが、この場合早期発見ができたことで生命の危機を脱出することができました。早期であればそこまで長い闘病生活にならず、また予防を行なうことで二度と心筋梗塞を発症させません。しかし、前兆を見逃すと病院の治療ができないままこの世を去ってしまいます。そのため、心筋梗塞で出てくる症状は頭の中へ叩き込んでおく必要があります。

心筋梗塞の主な原因に高血圧や脂質異常症、運動不足等があります。他だと肥満や遺伝的要因でしょうか。これらの要因が重なると心筋梗塞が他の人よりも発生しやすくなります。ただ、生活習慣が主な発症元だった心筋梗塞もかかりやすい性格が判明しており、食生活に気を遣うだけでは予防が難しくなっています。例えば、仕事をするのが好きな人や人との競争を好む人、短気で責任感が強い人は心筋梗塞に見舞われやすくなります。某女優は仕事をばりばりこなすエリートで、責任感の強い人物で知られていました。そのため、性格が心筋梗塞を誘発したのではと考えれています。これらの要因が重なると胸の激しい痛みに襲われ、呼吸困難になります。またひどい場合は吐き気と冷や汗が同時にやってくるでしょう。前兆は圧迫感のある胸の痛みと肩と背中にかけた強烈な痛み、そして呼吸困難等といったものです。これらの前兆は心筋梗塞を疑う代表的な前兆になるため、出た場合は速やかに病院を受診することが大切です。倒れる前なら医師の懸命な治療で危機から逃げることができるでしょう。